メニュー

首の症状(痛み・こり・しびれ)

首は重い頭部を支えている重要な場所

首に関する病変は脊椎(背骨)の上部にある頸椎の変形によって起きることが多いです。本来、頸椎はゆるやかに前弯し、その曲がりが自然なクッションとなって重い頭部を支えています。頸椎の変形は一般的には加齢が原因となって起きるものとされていますが、パソコンやスマートフォンの日常的な使用が当たり前となってきた現代においては「ストレートネック」と呼ばれる頸椎の直線化に悩む患者さんが年々増加してきており、ひどい肩凝りや頭痛を引き起こす原因のひとつとして知られています。首を支えている筋肉も他の部位と比べるととても大きいため、痛みを感じやすいという特徴があります。

頸椎・頸髄とは―

私たちの体は脊椎(背骨)と呼ばれる長く連なる骨によって支えられています。そのうち最も上部に位置する7つの骨を「頸椎」と呼びます。これがいわゆる“首の骨”にあたる部分であり、頸椎の中を脳から貫くように走る神経は「頸髄」と呼ばれています。頸椎は頭と両腕を支える大事な部位であり、この部分に何らかの変形が起きたり、それに伴う神経への圧迫が起きると手に痛みやしびれを生じさせるだけでなく、歩行が困難になるなどといった問題が現れやすくなります。

首に関連して起きる主な症状

症状としては以下のようなものが代表例として挙げられます。
首の痛み・首の凝り・頭痛・肩凝り・両腕のしびれ・手のしびれ・手に力が入りにくい・細かな作業が難しい など

代表的な病気

診療現場で実際に多くみられる病気を一部ご紹介します。

頚部脊椎管狭窄症

ご高齢の方に多くみられる病気です。加齢や運動、なんらか病気によって脊椎(背骨)が変形してしまうことにより、その中を通る神経の通り道も圧迫されます。それによって手や肩まわりに痛みやしびれなどの異常を感じるようになります。ひどくなると足にまで影響が及ぶことがあり、歩行が困難になるケースもみられます。

頸椎椎間板ヘルニア

脊椎(背骨)はいくつもの骨が連なってできています。骨と骨との間にはクッションの役割を果たす椎間板と呼ばれる仕組みがあり、それによりしなやかな動きが可能となります。椎間板は弾性があるがゆえに、頸椎にズレが生じるとその勢いで椎間板が飛び出しやすくなります。飛び出した椎間板によって神経部分が圧迫されると首の後ろや肩、腕に痛みやしびれを生じやすくなります。

頸椎捻挫(むち打ち)

交通事故や頭をぶつけるなどといった頭部外傷がきっかけとなり、筋肉が損傷して首に痛みを生じることがあります。この場合、骨や神経部分には特に異常がみられないことが特徴的です。

頸椎の直線化(ストレートネック)

近年特に患者数が急増している疾患です。パソコンやスマートフォンの長時間使用によって進行しやすい病気です。うつむいた姿勢を長時間にわたって強いられることで徐々に首が直線化してゆきます。本来、首は少し前弯しており、その独特の形状によってクッションの役割を果たしながら重い頭部を支えています。その必要な湾曲がなくなってしまうと、一点に集中して重い頭部を支える形となってしまいます。例えるならば棒の上にボーリングの球を直接乗せているようなイメージです。次第に首だけでは頭の重みに耐えられなくなり、肩まわりをはじめ体全体に無理な負担がかかるようになります。そのため頭痛が頻繁に起きやすくなったり、首の筋肉が異常に緊張することでひどい肩凝りに悩まされたり、神経が圧迫されて手のしびれが起きるなどさまざまなトラブルへとつながってゆきます。10代からの若い患者さんからのご相談も増えており、これからも患者数が激増していく現代病として懸念されています。

脊髄空洞症

脳脊髄液の循環異常によって引き起こされる疾患です。脊髄の中にある脳脊髄液と呼ばれる液体が過剰に溜まってしまうことで脊髄が圧迫を受けます。初期には痛みやしびれ、脱力感などの異変を感じられる患者さんが多いですが、進行すると逆に痛みやものの熱さを感じにくくなるなどの感覚障害が現れやすくなります。その他、関節の障害や発汗異常などさまざまな症状が現れることが特徴的です。

脊椎損傷/脊髄損傷

事故やスポーツなどで強い衝撃が脊椎に加わると背骨が骨折したり、さらには脊椎内部を通る脊髄にまで重大なダメージが与えられます。人間の全身を支えている脊椎が骨折すると寝たきりの状態を余儀なくされるほど重症化するだけでなく、脳と直結する重要な神経の通り道となっている脊髄まで損傷を受けると四肢の麻痺が起き、運動機能だけでなく感覚機能まで失われてしまうこととなります。排尿や排便の障害、呼吸機能の障害、血圧調整の障害など重篤な状態へと陥ります。

緊張型頭痛

肩凝りからくる頭痛が原因となって首に痛みを生じることがあります。詳しくはこちら

心臓や脳と並ぶほど
人体において首は最も重要な部位となります

首は頭部を支えるという物理的な役割を果たしているだけでなく、脳からの神経の通り道を守るためには欠かせない重要な部位となっています。頸椎の変形が起きる原因としては主に加齢が挙げられますが、不慮の事故などによって脊椎損傷や脊髄損傷などが起きると全身もしくは半身不随を引き起こすなど重篤な事態を招きます。軽度でも手足の動きの異常はその方の生活の質(QOL)そのものを著しく低下させてしまう問題となりえます。最近は特にストレートネックに悩まれる患者さんが当院でも増加しています。頸椎は一度変形してしまうと基本的に根本的な治療は難しく、痛みを軽減させる治療法しか改善策はありません。俗に「スマホ首」と呼ばれるように、まずはスマートフォンの操作時間を減らす努力を試みたり、姿勢を意識して直すなどといった普段からの予防意識がとても重要となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME